ハチ退治をするなら駆除技術が高い業者に依頼!

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

床下の湿気が害虫の原因

シロアリ

床下換気扇を設置する効果

家の床下に湿気がこもると害虫が発生しやすくなります。それを防ぐためには床下を常に乾燥させておくのが効果的です。床下の基礎部分には空気を通す通気口がありますが、そこに物を置いて塞いでしまうと湿気がこもりやすくなります。湿気を好んでシロアリが侵入すると、重大な被害が出やすくなります。家の構造材を食い荒らすので地震の時に倒れやすくなりますし、家の劣化が早くなります。対策としては床下に換気扇を設置します。換気扇を回して強制的に床下の空気を排出し、外の空気と入れ替えるのです。それによって床下を常に乾燥した状態にできます。また吸湿性に優れている炭を敷き詰めると乾燥状態を保てるので、効果的なシロアリ対策になります。

定期的な点検で害虫防止

シロアリは木材だけでなく発泡スチロールやプラスチックまでも食い荒らす害虫です。自分の家だけで湿気対策をやっても、他の家からやってくる場合があります。例えば専門の駆除業者によってシロアリ退治が行われると、その家から逃げ出したシロアリが他の家に侵入するのです。ですから近所で業者のシロアリ駆除が行われる時は、自宅の周囲に木の破片や発泡スチロールなどのゴミを置かないようにします。それらはシロアリが好む餌なので、呼び寄せてしまいます。最近の住宅は建てる時に基礎部分にシロアリ対策の薬剤を塗布したりします。しかし効果は徐々に減少するので、定期的に業者に点検をしてもらうことが大事です。早めに対策をすればシロアリは寄りつかなくなります。